長寿社会のあり方を考える会(秋山塾)

開催日時:2017年9月20日(水)19:00-21:00(開場18:30)
開催場所:伊藤国際学術研究センター2F(EMPラウンジ)

9月の秋山塾のご案内です。

9/20(水)の「長寿社会のあり方を考える研究会」は、大好評「老いの哲学」の第3弾として、EMPの人気講義の1つである、プラグマティズムとアメリカ政治思想の宇野重規先生(東京大学社会科学研究所 教授) が登壇されます。
普遍テーマである「老い」と「死」について、宇野先生のご専門分野から「問い」を浮き彫りにし、参加者との「対話」を基に深めていく、という試みになります。

当日のディスカッションをより効果的に深めるため、事前に先生からの「課題」が提案される予定です。現在、先生と詳細を詰めている最中ですので、決まり次第続報いたしますが、皆さま方におかけましては、まずはご予定をいただきたくお願い申し上げます。

詳細はこちらをご覧ください。

https://sns.emp.u-tokyo.ac.jp/posts/2602

長寿社会のあり方を考える会(秋山塾)」への0件のフィードバック

EMP倶楽部本部サイトへ

EMP倶楽部プライベートグループ

プライベートグループに
未登録の方はお問い合わせください

ページトップへ