PostEMPスクール第38回「東大EMPと私:グローバル社会と契約書のデザイン~渉外契約あるある~」

DSC_1597

スピーカー 山口英一さん(第3期修了生)
内容 「東大EMPと私:グローバル社会と契約書のデザイン~渉外契約あるある~」

今回のPost EMPスクールでは、EMP倶楽部副会長でもある3期山口英一さんより、国際売買契約に伴う契約書のデザインの特徴や、異文化間取引ゆえのあるあるネタを紹介いただきました。
国の数だけ法律があり、正義があり、文化があり、商取引の歴史がある。買主、売主に両方にフェアな契約書はなく、ユニバーサルな条約(CISG)が理想で終わってしまったのは、歴史が浅く活用にメリットが見出せないから・・・などのご説明は、EMPの課題「多様な宗教、文化、政治前提の共通行動規範」を考える上での大いなるヒントにもなりそうです。
言霊信仰の日本ならではの契約書のデザインの仕方など、豊富な経験と知識に裏付けされたご説明は大変興味深く、懇親会に場を移しても、参加者からも活発な質問が飛び交いました。山口さん、ご丁寧な説明をありがとうございました。

EMP倶楽部本部サイトへ

EMP倶楽部プライベートグループ

プライベートグループに
未登録の方はお問い合わせください

ページトップへ